« エピソード24: 「帰還者」 | トップページ | エピソード26:「KIND OF BLUE]のハウス・トリオが変更になった。 »

2010年8月 2日 (月)

エピソード25: 「アフターアワーズ」の巻

<前回より続く>

店の閉店時間が過ぎても常連はアフターアワーズを楽しむ、余韻を・・。

厨房の板前、長さん、フロアーのヤマちゃん、レジのヨーコちゃん、そしてドラムの大野、常連で大会社の社長の富田さん・・・今日は吉川君といつものパートナー貴子さんも一緒だった。

ヨーコちゃんが「今夜は何なんの、まかないは?」と、長さんが「今日は会議の日だから、特別料理だ」

会議の日を読者の方は覚えていますか。

このライブハウス「KIND OF BLUE」はゼンさんの投資ファンドからの利益で経営されているのを、そして、社員であるみんなはゼンさんの勧めで株投資を行い、蓄財を進めていることを。

ゼンさんの本業は経営コンサルティング、法人化し会社名は「BLUE IN GREEN社」という通称「BIG社」だ。

「KIND OF BLUE」もそこの一部門。コンサルティングとは投資会社の意味だ。

そして富田さんも参加しているし、実は中途からこの若いカプッルの吉川君と貴子さんも参加していた。

センさんが口火を切った、「毎月恒例の月例報告をします、株式投資は今月だけで前月比8%UP」

「どうしよう、もう株の上昇も鈍くなった、これからも上昇基調だけど、でも一度くらい大きく下げることもある、一度手仕舞いして、大きく下がったら再度買いにはいる、これが考えだけど」

日経平均が8000円のときに日経225を買い、12000円で売った。

以降、大型製造株を買ってここまで全員を順調に指導してきた。幾多の加熱気味な状況はあったがわき目も振らずゼンさんの方針に従ってきた。おかげでみんなの資金は開始時に比べて、3倍にもなった。わずか3年でだ。

貧すれば貪す・・・ジャズでは稼がない、コマーシャリズムは嫌いだ、だから他で稼いでジャズに投資する、自分のやりたいジャズに固執する、儲からなくてもいい・・。

富田さんが「それで手仕舞いで銀行預金ですか・・・でも利子はまだ低いね」

珍しく長さんが「富田さん、何かアイデアがあるのでは・・」と先を読んだ。

暫く考え込んで「あるにはある」

「何ですか、株ですか土地ですか」とゼンさんが聞いた。

「外国為替保障金取引、通称FXだ」と。

「えっ、何ですか」吉川君が乗り出した。

しばらく、富田さんの解説が続いた、分かりやすい解説で、かつリスク最小にして、銀行金利よりはるかに良い。

「では、希望者はFXへおいておくのも良いとおもう」とゼンさんが閉めた。

「今月末の手仕舞いによる利益は、各自の資金の8%だからね。」ゼンさんが言い渡した。

Thm1922_file

大野が「ゼンさんはかなり稼いだでしょう」と冷やかし気味にきいた。

「まあ、でもだからこうして好きなことができるし・・・・そうだから、今まで頑張ってくれたピアノをいよいよ買い替えようかと考えているんだ」

みんなが一斉に「エーッ」と声をあげた。

ヨーコちゃんが「でもあのスタンウエイが可愛そうです、きしみながらも良い音ですよ未だ」とスタンウエイにいち早く味方した。

「そうだ、捨てるようなことはしない、あれはここの広間に置く」

「では何をおくの」とヤマちゃんがすかさず聞いた。

「ベーゼンドルファー」

皆息を飲んだ。

「勿論、NYスタンウエイも最高、今でも僕は左手の深い低音にはどうしようもない、引きずり込まれるものを感じる、でもベーゼンドルファーのあの艶やかさと気品も捨てがたい、というより、一度は鳴らしてみたい音だ。」

暫く沈黙がつづいた。

Photo

「いいじゃないか、スタンウエイとベーゼンドルファーと二台あることになる、飽きたらまた入れ替えるれば」

みんなの顔が納得した。

「さあ、ベーゼンドルファーの音を聴きこう、ローランド・ハナでね」

「それより、吉川さんと貴子さん、結婚しました」と。

「エーッ」と再度驚きの声があがった。

「さあ、乾杯しましょう、今月は利益も上がったしね」ヨーコが言う。

ヤマちゃんが、「ドンペリがありますよ、こういう時の為に3本だけど」

「よくやった!」と富田さんが応えた。

「CDを変えてくれる、サラ・ヴォーンの「枯葉」にしてくれないか」

この夜は長くなりそうだ。

Jazzhihyou_siryou_albam_005

<次回に続く>

« エピソード24: 「帰還者」 | トップページ | エピソード26:「KIND OF BLUE]のハウス・トリオが変更になった。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371081/35995467

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード25: 「アフターアワーズ」の巻:

« エピソード24: 「帰還者」 | トップページ | エピソード26:「KIND OF BLUE]のハウス・トリオが変更になった。 »